2013年01月24日

顕微鏡撮影にフラッシュは有効なのか? [実体顕微鏡編]

flash_zittai3.jpg

みなさんは普段のカメラ撮影でフラッシュを使っていますか?
一般的なカメラの内蔵フラッシュでは、被写体に真正面から光が当たることで不自然な印象になったり、まわりの迷惑ということもあって、なかなか使っていないのが実状なのではないでしょうか。

しかし、撮影スタジオ等の現場をはじめ、本格的な写真撮影にフラッシュは欠かせない道具です。
何も暗い場所で明るく撮るだけがフラッシュの役割ではありません。明るい現場であっても、照射する角度、強さ等を様々に工夫し、被写体をより自然で鮮明に撮影することが可能になるのです。

「良い写真は、フラッシュで決まる」
ならばこの常識は、デジタルカメラを使用した顕微鏡撮影にも通ずるのではないか。
その可能性を今回探ってみたいと思います。

→ 最新記事 [生物顕微鏡編] はこちら


続きを読む
posted by マイクロネット at 20:25 | Comment(0) | 顕微鏡撮影の裏技